頭痛・腰痛療家

田中 史 TANAKA HIROSHI

​1978年10月生まれ 秤座

​姿勢調整法・バランス療法・内臓調整・頭蓋骨調整・KYT・動体療法などを研究し、頭痛や腰痛に特化した独自の治療法を確立。​

なぜ、腰痛が治らないのでしょうか?

なぜ、頭痛や自律神経が治らないのでしょうか?

 

病気=人間や動物の体や心(気)に不調または不都合が生じた状態のこと。

 

当院は体と心(気)の治療をしています。

 

・体は体の歪みの治療

・心は気の治療

 

この2つの治療で改善していきます

はじめまして、院長の田中です。

妻と息子2人(7歳と4歳)の4人家族です。

 

この仕事をさせて頂き12年経ちました。

今まで多くの方を診させて頂きありがとうございます。

 

出会いを大切にし、皆様が健康で過ごせる人生を一緒に歩めたらと思います。

あなたからのお電話を心からお待ちしております。

スマートホンの方は直接タップして下さい

☎ 072-891-5388

 たなか整骨院ストーリー 

◆ なぜこの仕事をしようと思ったのか?

私がこの仕事をしようと思ったきっかけは、一冊の本との出会いでした。

 

身体の不調や病気が治り、人が元気になっていく姿に感動し「こんな素晴らしい仕事があったのか、私も一度やってみたい」と心を動かされ、この仕事に就くことになりました。

 

それまで私は建築や陶芸の仕事をしていました。その時は意気込んで建築家や陶芸家になったら格好いいなど、憧れやイメージだけでその世界に飛び込みました。でも実際は仕事となるととても地味でコツコツ積み重ねないといけないです。怪我もしたり廃業もあったりで結局長続きせず、私の甘い考えや性格の為に挫折しました。

 

「どうしよう、このままでいいのだろうか?自分に向いた仕事は無いのだろうか?」と、とにかく不安と焦りの毎日で次の仕事を探していたのを今でも覚えています。

 

◆ 治療家を目指してから、たなか整骨院を開業するまでの経緯

1冊の本に出会ってから治療家になるにはどうしたらいいのか調べました。

すると日本では整体関係で治療行為が認められているのは、はり師、灸師、あんまマッサージ師と柔道整復師でした。その当時、私は27歳でした。

 

「この年齢で今更学校?大丈夫かな?できんのかな?」と不安と希望が入り混じっていましたが、本を読んだ時の感動が忘れられず、「学校行って資格を取って私もこの仕事をやってみたい!人生の再スタートだ!」と思い学校に行く事を決めました。

 

~治療家人生のスタートです~

朝は整骨院、夜は専門学校で勉強する日々が続きました。当時はマッサージ中心の施術をしていました。

患者さんが肩が痛いと言えば肩を中心にマッサージ、腰が痛いと言えば腰を中心にマッサージをしていました。初めは楽になったと言ってはくれるのですが、その内なかなか治らないと言われる事が増えてきました。

 

「何で治らないのか?」「マッサージの仕方が悪いのではないか?」と思い、同僚と日々マッサージの練習を繰り返しました。しかし、やってもやっても結果は同じでした。「マッサージには限界がある、もっと他に良い方法はないのだろうか?」と思うようになりました。

 

そこで、別の整骨院はどんな治療をしているのかと思い色々な整骨院に行ってみましたが、大体どこも同じで、マッサージや電気、ローラーベッドに乗せられて、流れ作業のように終わっていきました。

 

また、学校の友達にも聞いてみましたが、治そうという意識がほとんどなく「楽になったらいいやん」と言う答えがほとんどでした。

 

どうしたものかと悩んでいた矢先、今の治療法をしていた先生から、治せる良い治療法があると紹介して頂き、今の治療法にたどり着きました。

 

専門学校を卒業し、この治療法をしている整骨院で勉強させて頂きながら、休日も勉強会に通い続けました。今は何でマッサージだけでは治らなかったのかが理解できるようになり、少しずつ結果も出せるようになったので、開業させて頂く事となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆二人の師との出会い

一人は初めて勤めさせて頂いた整骨院の院長です。この院長にはもう10年以上お世話になっています。

現在もこの院長を支持し、月一回の勉強会で治療について教えて頂いています。

 

すごく治療について情熱を持った方で、私の治療家魂に火をつけ続けてくれています。

 

もう一人はこの院長に誘って頂いた勉強会で出会った治療家の方です。この方には治療とは、人とは、自分とは等、治療をしていく上での基礎となる部分を教えて頂きました。

 

自分という存在を100%認めてくれ、ぶれない自分、芯のある自分を教え続けてくれました。

今でも私の心の中に残り、迷った時には導いてくれているように感じます。

 

学校から開業まで6年間、朝から晩まで治療の事ばかりでしたが、一度も治療を辞めたいと思った事はありません。それは、この二人の師と出会ったおかげであり、たなか整骨院を開業できたのもこの二人の師のおかげです。とても感謝しております。

 

◆たなか整骨院を開業してからとこれから目指していく事

二人の師のおかげで意気揚々と開業したものの、出だしは順風満帆ではなかったです。

 

1年目はご飯を食べていけなかったです。貯金を切り崩しました。2年目からはなんとか食べていけるようになり、3年目からはようやく一般的な生活を送れるようになりました。

 

なかなか治らなくても来て頂いていた患者さんから「いつか先生なら治してくれる、信じているよ」っと言ってくれた時は本当に涙が出ました。「より一層頑張っていこう!!」そう思う出来事でした。こんな私を支えて頂き本当に感謝です。

 

私は諦めません。

患者さんの話を聞き、どうしたら良くなるかを一緒に考えます。

 

治るのに時間がかかるかもしれません。「でも大丈夫です!!」 一緒に治していきましょう!

 

私は今まで多くの患者さんに支えられ成長させて頂きました。

初心を忘れず、一人でも多くの方が元気になれるように皆様のお役に立てるよう努めて参ります。

 

~さらなる高みを目指して~

今、社会では年間3万人以上の方々が自ら命を亡くしています。

 

それはこのストレス社会、自分の気持ちをどうもっていけばいいのか、悩み苦しみそして鬱など自律神経系の病気になる方がとても急増しています。

 

私はそんな方々が病気を克服し、再び社会で活躍できるようになるお手伝いをしていきたい、この社会に役に立つ治療家を目指していきます!

 

長文になりましたが最後まで読んで頂いて本当にありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

たなか整体・整骨院

​田中 博史

あなたからのお電話を心からお待ちしております。

スマートホンの方は直接タップして下さい

☎ 072-891-5388